So-net無料ブログ作成
検索選択

【お知らせ】<笑う>練習 [携病記]

社会復帰して一年。いろいろ体の(数値向上の)ために修行してきたわけだが・・・

結果としては結びついてこなかった。(下のグラフは本日の血算算定検査である
BC_20120126.png
(クリックすると、別ウィンドウで原寸大表示されます。)

主治医の診断の話としては、

・値がすぐに正常値に戻ることは殆どない。

・現在の薬の調整(増減)によって現在値の維持は5年から10年はできる可能性が高い

・他の治療法としては、移植となるが、リスクとお金がかかる。また、仮に成功しても
 他人の骨髄が氾濫を起こさないようにする治療はずっとつづく

とのことだった。つまるところ「治らない。」怪我が予想できる場所へ行けない。一生orz...

近い(希望する)未来が、ガラガラと崩れ落ちる音が聞こえた。

私はさらに訊いた

「その後は、どうなるんでしょうか?」

主治医は、答えられないというよりは、言葉に詰まったようだった。

~~~~

『・・・今までのことが、【生き延びたご褒美】なのかな?』

午後の強い日差しが目に刺さり痛い。

無言でハラハラと泣きながら、笑う練習を帰りのバスのなかで行った。


・・・<ある決断>をする時期に来ている。・・・『風のたより』に聞いたほうが、皆哀しみが和らぐかも。

折角拾った遺りのいのち、「自分のほんとうにしたいこと」に使いたい。

それは「いまの場所」にはない。(きっぱり。

ゆっくりと生きよう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る