So-net無料ブログ作成
検索選択

【時事】TVが映しきれない現場 [災害]

避難所とトカイの狭間で。
・・胸がつまる.jpg

私の実家は、仙台市泉区にある。
両親が住んでいる。

実家は倒壊を免れた。
現在、両親の他、6名(現在は5名)の身寄りのない方を引き入れている。

もう一度言おう。
「引き受けて」いるのではない。「引き入れて」いるのである。

「困ったときはお互い様」だと話す。
じつに、<おやじらしい>行動だなと思う。

身を寄せ合い、互いに助け合いながら踏ん張っている。

水。

断水が続いている。裏のお寺から頂いているとのことである。
(訂正:現在は水道つうじています)

電気・インターネット

電気はやっと通じた。電話はあちらからは掛けられないとのことだ。

ガス

依然、止まっている。

ガソリン

20リットルほど自家用車にあったが、使い果たした。
(追記:救急搬送にすこし残してあるとのこと。

食料

避難所優先のため、行政の支援はなく
お互いがもちよったわずかばかりの食べ物をやりくりしている
とのことだ。

現状のまとめとしては・・・
・自宅の風呂に入れない
・電気ブレーカがよく飛ぶ
・外出(買い物)は歩き

ここが、日本だとはとても信じられない。』←PC専用。表示後、すぐ全画面表示にするとさらに臨場感がでます。

仕送りを送ろうとしたが
ともかく私が帰ったあとのスーバーやコンビニ
あらかた買い占めのためか、送りたい
米・みそ・缶詰・カップラーメンなどまったくない。
米が・・・.jpg

こころはモノでは満たされない。.jpg


また、手に入れたとしても、クロネコ・ゆうパックなどがサービスを中止している。
・・・逆だろう?

「避難者は、避難所にいる方々ばかりではない。」

親は大丈夫だというが

心配が募る

そういうなかで、私はといえばただトカイで仕事をしている。
天あり、人あり、そして『貴方』あり。.jpg

『由美子さんどこにいるんだ。』.jpg

妻をさがす夫.jpg

被災者が笑顔を造り、振り絞る「ことば」

「元気です。」
「大丈夫です。」
「ガンバっています。」

は、すべからく<カラ元気>であると心得よ!

校了
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る