So-net無料ブログ作成

【総括】2010闘病生活(つづき) [闘病記]

以前書いた記事のつづきです。

2.「入院」と「退院」の間(はざま)で

・・・この病気に罹る前は
入院:病気になり、治療を受ける。
退院:病気を治し、治療を完了する。
であり、生きている人間の状態とは
健康状態と
罹病状態の
の二者択一しか考えられなかった。
人が造られるのは、「生まれてから。」 032.jpg
(画面左上に、葉巻型UFO「Unidentified Falling! Object」が確認できます。)

入院(=罹病)したら、退院(=全快)というゴールにどう到達するか?
そのことを目指すことだけだと思っていたのである。

しかし、今は違う。その中間の状態があるということが解る。

医者とて万能ではない。現代の医学では、完治できない

病気は存在する。そして、それは患者の状態(年齢・体質(遺伝)・環境)によっても違ってくる
・・ということである。

よって

(退院≠全快)ということもよくあり得る話なのだ。

では、上記の状態に陥ったとき、どうすれば<より良く生きていける>のか?
と、いうことになる。
人が造られるのは、「生まれてから。」 007.jpg

間とはふたつある。
すなわち
入院~退院の間と、
退院~入院の間である。

3.患者としての、QOLの考え方~闘病から、携病へ~

難病に出会ってしまった者は

「病気とどう付き合って」普通の人に近い生を享受するか?


を考える必要がある。

「過去のまったく同じ自分には、生まれてきた人は皆戻れない。」


のである。

人が造られるのは、「生まれてから。」 056.jpg

そのことを踏まえたこころのもちよう(姿勢)や体制づくりをしていく必要がある。

よってこのブログは続いていくが、私は、私の病気を根絶するという無為に挑むのは
やめることにする。闘病から携病へ、それが病気との相対し方であると悟った。

『生きて(ある程度<自由>で在れ)ば、勝っている。』

人が造られるのは、「生まれてから。」 049.jpg

2010/12/27 朱色会
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る